メール
お知らせ

blog-en

【新たなる】カワウソクエスト【希望】

2016年1月21日

~須崎市マスコットキャラクターしんじょう君と

新荘川の妖精さきちゃん

今日は新荘川をお散歩しているようです~

さきちゃん「それでさー・・・。

昨日のテレビで

ネクタイが一人だけ白くてさー・・。」

しんじょう君「えー☆それみてないよー☆」

さきちゃん「でもぜんぜん謝ってるっていうより・・」

ビシバシ!!

しんじょう君「痛っ!」

さきちゃん「!?」

しんじょう君「いまなんかぶつかった気が。。。。」

ビシバシ!!

しんじょう君「痛っ!!」

さきちゃん「・・・・

しんじょう君・・・

後ろ・・・・」

しんじょう君「ん!?」

しんじょう君「えっ」

?「くらえー」

?「このかわうそめー。」

しんじょう君「えっ!何これ!なんかスライムみたいなのが。。。痛っ。。!」

ビシバシ

スライムみたいなの「くらえー。」

ビシバシ

しんじょう君「やめてー!」





ビシバシ

しんじょう君「いたいよー☆」





ビシバシ

スライムみたいなの「くらえー。」

しんじょう君「やめてー☆」





ビシバシ

しんじょう君「このー☆」

バシッ!!

・・・・・・・・・・・・・。





ポトッ

・・・・・・・・・。

テレレレンッテッテッテーン!!!!!!!!

さきちゃん「ん?いまなんか音がしなかった?」

しんじょう君「ほんとだ。。。☆なんかレベルあがってる☆」

さきちゃん「えー。何かよくわからないけどよかったじゃん。

てゆかしんじょう君まだレベル5とかなんだね。」

しんじょう君「ううう。。。。☆うれしい。。。。☆」

さきちゃん「?」

しんじょう君「しんじょう君はいまもうれつに感動している。。。。

このままレベルをたくさんあげて。。。

地上さいきょうの

生物になるよー☆」

さきちゃん「うん。まあ好きにすればいいけど。」

しんじょう君「そのためにはもっと、もっと」

しんじょう君「強い相手とたたかいたいよー☆」

さきちゃん「そんなこと言われても

この平和な須崎に

そんな強い相手って簡単に見つからないような・・・

って

あれ・・・・・?」

・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

無茶苦茶強そうな人いる・・。

後編につづく

 

-blog-en

Copyright© Shinjo-kun Official Website , 2019 All Rights Reserved.